笑うと目が(⌒ω⌒)←こうなる女の子wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

1以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2016/06/20(月) 17:15:08.247ID:hRB19r9/0.net

すき

子供を作るメリットってなに?

1名無しさん@おーぷん2016/06/19(日)19:51:45ID:1WT

金と手間がかかかるだけで、なんのプラスにもならなくね?

???「自分で稼いで食べているわけでもない子供に下手に『権利』なんて覚えさせちゃ駄目よ! ろくな大人にならないわ」

「自分で稼いで食べているわけでもない子供に下手に『権利』なんて覚えさせちゃ駄目よ! ろくな大人にならないわ」

 日本会議政策委員の百地章・日本大学教授が監修した冊子「女子の集まる憲法おしゃべりカフェ」には、47歳の主婦が、こんなふうに叫ぶ場面がある。
 大人の従者とみて導くか。独立した権利の主体とみるか――。二つの「こども」観の対立が各地で起こっている。
 東京都日野市の元市議の渡辺眞(ただし)氏は2006年ごろ、日本会議の地方議員ネットワークで呼びかけ、自発的に「子供権利条例に反対する全国地方議員の会」を結成。地方議員50人以上が加わり、情報交換した。
渡辺氏が危機感をもったきっかけは、「子どもの権利」で著名な大学教授が、同市に講演に来たことだった。「子供にも当然権利があると思うが、子供権利条例がいう『ありのままの権利』や『意見を尊重される権利』などは、子供の未熟な欲望を拡大してしまう」と感じた。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://www.asahi.com/sp/articles/ASJ6K6W6PJ6KUTFK01F.html

プログラマーはなぜ手書きするのか?


情報化社会と言われて久しいのですが、パーソナルコンピュータが生まれてから40年が経過しても、未だに最も普及している情報処理手段は紙と手書きです。
 そのなかでも非常に興味深いのは、コンピュータという最も高度な情報処理装置を使いこなすプログラマーほど、手書きを必要としているという点です。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
https://wirelesswire.jp/2016/05/53318/

【Rokku on】産経「ガソリーヌ山尾志桜里、次はお前だ。地球5周分のガス代と18万のコーヒー代説明しろ」

なのに、山尾氏はこの2日前のBS番組で、舛添氏について「次から次と、一つ一つ出てくるエピソードが国民の暮らしや常識から離れていることに自身が気づいているのかどうかも国民からすると、よく分からない」と舌鋒鋭く批判していた。私などは「舛添氏と貴女のどこが違うのか、こっちのほうがよく分からないよ」と思ったものだ。

 余計なことかもしれないが、舛添氏と山尾氏の政治資金問題で共通する項目に「コーヒー代」がある。
舛添氏は都内の喫茶店に1万8000円(コーヒー1杯400円なら45杯分相当)を支出したと話題になった。
これは後に、「第三者」の弁護士が「早朝の勉強会として開催された政治資金パーティーの朝食として提供されたサンドイッチ代」と説明した。一方、山尾氏も1カ月で約18万円の「コーヒー代」を計上し、世間を驚かせた。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://www.sankei.com/premium/news/160617/prm1606170005-n1.html