メインメニュー

スポンサードリンク

小室哲哉さんの現在。について

小室哲哉さんの現在。

病に気づいたのは12年9月。血液検査を受けたところ、肝機能の数値に異常がみつかった。約1か月後、専門の医師の診断で、C型肝炎だとわかった。

C型肝炎は、ウイルスに感染し、肝臓の細胞が炎症を起こして壊れる病気だ。治療しなくても3割は治るが、残りは慢性の肝炎になり、長い時間をかけて肝硬変、さらには肝がんになる恐れがある。

国内のC型肝炎ウイルスのキャリアー(感染者)は推計150万人。ウイルスが特定される以前に行われた予防接種の注射針の使い回し、近年はピアスの穴を開ける行為などが感染の原因とされるが、「なぜ感染したのかわからない」という。

血液検査を受けたのは、その前年10月、妻の桂子さん(globeのボーカル・KEIKO)がくも膜下出血で倒れ、自分も健康に気をつけなければと思ったためだった。「病気に気づけたのは、桂子のおかげなんです」

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171104-00010000-yomidr-sctch

Sponsored Link


関連記事一覧

コメントを残す