メインメニュー

スポンサードリンク

ヒュンダイのアクシデントとエラなんとか、ハンドルが操作不可能に アメリカで集団訴訟へ発展について

ヒュンダイのアクシデントとエラなんとか、ハンドルが操作不可能に アメリカで集団訴訟へ発展

米国消費者などは、現代車が2013~2016年型「アクセント」と「エラントラ」の電動パワーステアリングに欠陥があるという事実を隠して車両を販売したとし、カリフォルニア中部連邦地方裁判所に最近集団訴訟を起こしたと韓国メディアが報じた。

19日、韓国メディアのKBS(韓国放送)などによると、彼らは訴状で電動パワーステアリング装置の欠陥により、パワーステアリングシステムが突然作動を止め、運転者がステアリングフィール(ハンドル)を操作することが困難になるか、最初から操作が不可能になると主張した。

原告が訴状に記した米国家道路交通安全局(NHTSA)の資料によると、当該車の所有者から受け付けられたパワーステアリングシステムに関する苦情は110件に達している。

現代車側は訴状を受けた後、内容を詳細に検討すると明らかにした。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://japanese.joins.com/article/329/230329.html

ヒュンダイ・アクセント

ヒュンダイ・エラントラ

Sponsored Link


関連記事一覧

コメントを残す