メインメニュー

スポンサードリンク

民進党の蓮舫代表「記憶違いで済まされない。都合の悪い事実を隠しているとしか受け止められず、納得できない」について

民進党の蓮舫代表「記憶違いで済まされない。都合の悪い事実を隠しているとしか受け止められず、納得できない」

民進 蓮舫代表「記憶違いで済まされない」

民進党の蓮舫代表は国会内で記者団に対し、「あそこまで堂々と『会ったこともないし、弁護を担当したこともない』と言い切っていたので、とてもではないが、記憶違いで済まされるものではない。都合の悪い事実を隠しているとしか受け止められず、納得できない。辞任を求めるかどうかは答弁を聞かないとわからないが、答弁に納得できなかったら、迅速に判断せざるをえない」と述べました。

また、蓮舫氏は籠池理事長らの参考人招致について、「政府・与党は、違法性がないから、民間人の参考人招致は慎重であるべきだと言ってきたが、大阪府が告発を検討している時点で相当に疑義がある。告発された後では、国会に来て自由に話してもらうことができないので、今すぐ国会に招いてもらいたい」と述べました。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170314/k10010910511000.html

Sponsored Link


関連記事一覧

コメントを残す