メインメニュー

スポンサードリンク

朝日慰安婦報道訴訟、原告側が敗訴。について

朝日慰安婦報道訴訟、原告側が敗訴。

 慰安婦をめぐる朝日新聞の報道で誤った事実が国際社会に広まり、日本国民の名誉と信用が傷つけられたとして、原告団長の渡部昇一・上智大名誉教授ら約2万5千人が朝日新聞社を相手取り、1人1万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めた訴訟の判決が28日、東京地裁であった。

 脇博人裁判長は「朝日新聞の慰安婦報道の論評対象は旧日本軍や大日本帝国であり原告個々人ではないため、原告らの名誉が毀損されたとは認められない」とし、原告側の訴えを棄却した。原告側は控訴する方針。

 主文言い渡し後、傍聴席からは「海外在住の日本人が現在も現地で嫌がらせを受けているのはどうなるんだ」「不当判決だ」などとの声が上がった。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://www.sankei.com/affairs/news/160728/afr1607280020-n1.html

Sponsored Link


関連記事一覧

コメントを残す